LOG IN

「良くなる」覚悟

by 米田将司

良くなろう。良くなりたい。

誰もが思うことです。

スタイルアップしたい。
コリや痛みを解消したい。

良くなろう、良くなりたい

この気持ちは同じでも、良くなることに疑いを持つと、同じことをしても結果は大きく違ってきます。


例えば肩がとても痛くて、どこに行ってもなかなか改善しなかったのに、一回で、しかも今までと全く逆のことをされて、痛みが消えた。

すると、痛くないことに疑問を持ち、「痛かったはず」と痛みを探し出そうとします。

あれ?なんで?痛かったはずなのに⁈

実際は痛みは消えているんです。
だけど、脳がその痛みを覚えている。
すると痛くないはずなのに、痛みの記憶で痛みを作り出す。
架空の痛みが出てくるんです。

ほら、やっぱりまだ痛い。


良くなりたいと思っているはずなのに、良くなること、痛みがなくなることが不都合だと思っている意識があるんです。

今まで長い間そうじゃなかったから、良くなる自分を受け入れられない。
良くなった自分がイメージできない。
良くなった自分は自分ではないのかも。

良くなる覚悟がない

良くなりたいとは言っていても、どこかでそんな意識があるんです。

まずは、どうなりたいのか、どこに向かうのか。行く先を決めましょう。

行く先が決まれば、進む道と進む方法を選ぶだけです。


良くなる覚悟を決めてください



最後まで読んでいただきありがとうございます。
私、米田将司はJR姫路駅すぐの所で
揉まない押さない引っ張らない、さとう式リンパケア
好きなものをしっかり食べて綺麗でカッコいい体を作る、からだすてき術で、あなたを素敵に変身させるお手伝いをしています。

ホームページはこちら

Facebookページはこちら


米田将司
OTHER SNAPS