LOG IN

仕事のルーツ

by 米田将司

今の仕事を選んだのには、過去に必ず何かルーツがある

こんなことを本で読んだりしていて、その時は「へぇ~そうなんや」程度で、それを深く掘り下げようとはせず、そういえばそんなことを聞いたことがあるくらいのものでした。


ふと思い出した記憶

そんなことを考えようとしていたわけでもなく、降りてきたというか、急に記憶の奥の奥の奥の方の引き出しがパカーンと開いたというか、そんなことがありました。


仕事のルーツ

父親への肩たたき

父親は数年前に亡くなりましたが、私がまだ小さい頃、よく肩たたきをしていた時期がありました。

それはもう相当頑固な肩こりだったことは、今でもよく覚えています。

肩こりからの頭痛はしょっちゅう。
当時流行った、パットを張り付ける低周波治療器を、普通なら痛くて我慢できない最大出力で使ってもビクともしなかったほどです。

そんな肩こりを、お駄賃目当てと、喜んでくれるのが嬉しくて、叩いていました。

頑固なカチカチ肩こりなので、子供の私の力、フルパワーでバンバン叩いてグリグリと揉んでマッサージ。

私を喜ばせる言葉だったのかもしれませんが、「あ~気持ちええな~」と言ってくれるのが嬉しくて、もっと叩いて揉んで、張り切ってやっていました。


あー、これか

ふと思い出した記憶に納得。

今の仕事に繋がった記憶。


力まかせに肩たたきをするだけなのに、とても喜んでくれるのが嬉しくて。

今となっては、揉まない押さない引っ張らない

「おいおい、叩くな揉むな!」と昔の自分に突っ込んでしまいそうだけど、自分が肩こりを治してあげてるんだ、と思ってやっていたこと。

私にも仕事のルーツというものがあるとすれば、きっとこれがそうなんだ



未だに、父親ほど頑固な肩こりの人が来られることはなかなかないです。

肩こり、腰痛、四十肩五十肩、等々、症状は様々だけど、そんなコリや痛みで苦しんでいる人を楽にしてあげたい。
「来てよかった」「ありがとう」の言葉がとても嬉しい。

そこには喜んでくれる父親の背中があったんです。



あなたにもきっとある、仕事のルーツ

思い出してみると何か発見があるかもしれませんよ。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
私、米田将司はJR姫路駅すぐの所で
揉まない押さない引っ張らない、さとう式リンパケア
好きなものをしっかり食べて綺麗でカッコいい体を作る、からだすてき術で、あなたを素敵に変身させるお手伝いをしています。

ホームページはこちら

Facebookページはこちら


米田将司
OTHER SNAPS