LOG IN

ストレッチでセルフ関節技

by 米田将司

ストレッチあるある~♪
早く言いたい~♪
未だに根付いてる~♪
皆が勘違いしてる~♪
ストレッチあるあるを~♪
今から言うぜ~♪
・・・・・


体が柔軟だと怪我をしにくい!

以上、ストレッチあるあるでした(^^)

等々、素晴らしいおもしろネタを提供してくれるストレッチ信者の方々、ありがとうございます!

皆さんひょうきんですねw

口にするのも恥ずかしい「体が柔軟だと怪我をしにくい」なんてことを、さも当然のことのように言い、一生懸命グイグイと筋肉や関節を伸ばされてるんですから、たいしたもんですよ(´∀`*)ウフフ

でも、そろそろ起きる時間ですよ。

いつまでも寝てたら遅刻しちゃいますよ。


必殺!セルフ関節技☆

ストレッチをしている状態は、ある意味この画像のような状態です。

自分で自分に関節技をかけている状態。

セルフ関節技をかけてるんですよ

私、総合格闘技してましたが、相手にはかけても自分に関節技をかけたりはしませんでしたねw

どうしてセルフ関節技なのかわかりますか?

体が柔軟だと怪我が少ないと信じ込みグイグイと伸ばし
膝、股関節、腰、背骨、肩、首
あちこちの関節に無理な負担をかけているからですよ。

これを関節技と言わず、何と言うのでしょう?


その結果

柔らかくなったと勘違いした筋肉は本来の機能を失いボロボロ。

可動域が広がったと勘違いした関節は、ズレ、外れ、ハマってない状態。

だから、痛める、壊れる。

それを良くしようと、また伸ばして広げてストレッチ。

この繰り返しなんです。

体が柔らかそうな競技の人ほど、関節を痛めやすい、外れやすい
体が柔らかそうな競技の人ほど、関節を痛めやすい、外れやすい


筋肉はゆるめる
関節は締める

何度も言ってますが、筋肉を柔らかくすることは、ストレッチすることではありません。

ストレッチでは、筋肉はゆるみません。

正しくゆるめて、普段はふっくらふわっと柔らかい、力を入れると収縮して硬くなる筋肉が理想です。


そして、関節はゆるめない!

ちゃんとはまった状態で、無理な軌道で動かさない。しっかり締める。

しなやかに動く関節が理想です。


関節が正しくきちんとはまっている状態で動かすと気持ちがいいです。

ストレッチで、ぐいーっと伸ばして気持ちがいい~。
これは勘違いですよ。


私が行っている「さとう式リンパケア」と「ボディワーク」は、どちらもストレッチはしません。
マッサージもしません。
しんどい運動もしません。

もちろんセルフ関節技もしませんw

超微弱刺激だったり、簡単な動きなのに、こんな変化があります。

「とてもカラダが楽になりイライラも少なくなった」
「体重は一緒だけど、ウエストが細くなった」
「着たい洋服がスムーズに入った」
「周囲の人達から綺麗になったと言われた」
「首の痛みがなくなり頭痛薬も飲まなくてもいいぐらいになった」
「肩凝りが改善された」
「腰の痛みで寝返りも辛かったけれど、ぐっすりと朝まで眠れるようになった」
「股関節や骨盤が楽になった」
「脚が綺麗になった」
「生理痛が楽になった」
「便秘がなくなった」
「坐骨神経痛や膝の痛みが楽になった」
…等々、お客様の感想です。

グイグイとストレッチしないのに、ではなく、ストレッチしないからこその結果なんです。

最初は、今まで信じ込んでいた運動の常識とは違うので、戸惑うかもしれません。

聞いただけでは信じられないかもしれません。

だからこそ、どうかご自身の体で体感され効果を感じてほしいんです。


いつまでも自分を痛めつけるセルフ関節技は、もうやめませんか


最後まで読んでいただきありがとうございます。
私、米田将司はJR姫路駅すぐの所で、さとう式リンパケアと綺麗でカッコいい体を作るお手伝いをしています。

ホームページはこちら

Facebookページはこちら


米田将司
OTHER SNAPS