LOG IN

『マッサージは良くない』今までの常識を非常識にするには~脳を書き換える

by 米田将司

脳を書き換える
アップデートする

肩こりは揉んだらダメですよ。
マッサージは良くないんですよ。
余計に筋肉が固くなってしまうんですよ。

と、説明を交えながら、体感してもらう。

「本当だ!凄い!こんなのでゆるむんですね!ふわふわに柔らかくなるんですね!揉むと本当に固くなってしまうんですね!」

体で感じたことは、脳で感じたこと

それなのに、その場でゆるむことを感じたのに、しばらくするとまたマッサージしてしまう。

ついこの前に体感したはずなのに、また揉んでしまう。
マッサージの刺激を求めてしまう。
揉むと固くなると体感したのに。
確認したのに。

体で感じたことは、脳で感じたこと。

その場だけで感じても意味がない。
同じ繰り返しは成長のない証。

体で感じたこと、脳で感じたことを、少しづつでいいから書き換えましょう。
アップデートしましょう。

体感する
理解する
書き換える

超微弱刺激なのに、こんなに筋肉がゆるむんだ。
柔らかくなるんだ。
リフトアップやバストアップするんだ。
むくみもなくなるんだ。
と、体感する。

体は軸で支えているのではなく、筒なんだ。
屈筋で支持しているんだ。
顎から手足が生えているんだ。
と、理解する。

今まで常識と思ってやっていたことは違っていたんだ。
揉んではいけないんだ。
マッサージは良くないんだ。
ただゆるめればいいんだ。
強制しなくていいんだ。
と、書き換える

始めは意識してその作業を繰り返しましょう。

そうすることで、今までの常識が非常識に変わり、非常識が常識に変わります。

その頃にはすっかり、コリや痛みやむくみに悩むことはなくなっているでしょう。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
私、米田将司はJR姫路駅すぐの所で、さとう式リンパケアと綺麗でカッコいい体を作るお手伝いをしています。

ホームページはこちら

Facebookページはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINE it!

米田将司
OTHER SNAPS