LOG IN

『普通』を疑おう

by 米田将司

突然だけど、「普通」ってなんだと思う?

普通?
世間一般的な感じ、とか、ごくありふれた、みたいな感じかな。
普通に考えると、こんな答えなんじゃない?
あ、これも普通ってことだねw
で、普通がどうかしたの?

今日はね、ちょっと「普通」について考えて、「普通」を疑ってもらいたいんだよ(^^)

普通を疑う?


「普通」ってなに?

「普通」をググったらこう書いてあった。

特に変わっていないこと。ごくありふれたものであること。それがあたりまえであること。また、そのさま。
goo辞書

これ見てどう思う?

うん、それが普通に考える「普通」だよね。
なんかおかしいとこある?

例えば、「私は普通の会社員です」
これ、どうだろう?
皆それぞれ、普通の基準は同じではないよね?
例えば、社員が数名の地方の小さな会社の会社員が普通と思う人がいれば、都内の大企業の会社員が普通と思ってる人もいる。
文字としては同じ「普通」なのに、人によってその基準が違うんだよね。
これっておかしくない?
じゃあそもそも、普通なんてないんじゃないの?って思わない?

そこまで考えたことなかったけど、そういうふうに言われると確かにそうだよね。

でしょ。
でね、まぁわかってるとは思うけど、言いたいことは体のことについての「普通」を疑えってことなんだよ。

健康やダイエットのことかな?

そう。
例えば、肩こり。
世間一般的にはどうする?

揉む、指圧、叩く。
マッサージだね。

だよね。
それが世間一般的な普通。
で、私がやってるのは、揉まない押さない引っ張らない方法。
超微弱刺激でそっと触れる、ゆらす。
これは世間一般的には普通じゃないんだ。
すごく変わってるんだよ。
こればかりは、圧倒的にマッサージすることが当たり前だと思われてるからね。

うん、マッサージが普通だよね。

だけどね、その変わったことが、私にとっては「普通」なんだ。


「普通」を疑おう

そこで、思うことがあるんだけどいいかな?

なんなの?

「その普通で上手くいってますか?」ってこと。

その普通で上手くいってますか??

そう。
世間一般的に言われる普通のことをやって、コリやむくみが解消したり、スムーズにダイエットできるならそれでいいと思うんだ。
だけど、どうだろう?
実際、その普通で上手くいってるのかな?
その場限りのなんとなくの肩こり解消法だったり、辛いキツイしんどいダイエット方法で、結局どれも上手くいかずに、あれやこれやと試しては失敗の繰り返しだったり。
普通にやって上手くいかないのが、「普通」なんだろうか?
それがとてもおかしなことに感じるんだよなぁ。

普通にやって上手くいかないのが、「普通なんだろうか?
それ深いね!

だから一度、自分が普通だと思ってることを疑ってみてほしいんだよ。
皆がやってるからではなくて、これが普通と思ってたけどどうなんだろう?って。
その中にヒントがあるかもしれないよ。

これはね、体のことだけじゃないよ。
人間だってそうなんだよ。
世界中の様々な人種。
言葉も違うし、肌の色も違う。
風習やマナーやモラルも違うよね。
人間はそれぞれが、自分が普通だ!って思ってるからぶつかるんじゃないのかな?
普通というものに拘るから、仲間はずれがあったり、差別があったり、悩んだりするんじゃないかな?
べつに変わっててもいいと思うんだ。
個性なんだから。
お互いが普通というものにとらわれず、それを認め合えばいいと思うんだよ。

米ちゃん、見かけによらずそんなこと考えるんだ。
意外だなぁw

失礼だな。
まぁ、そんなことを考えるのは、ちょっと変わってるからなのかもしれないねw
だけどね、「変わってるなぁ」は私にとっては褒め言葉なんだよ(^^♪
だから「変わってるなぁ」と言われると嬉しい♪

「変わってるなぁ」が褒め言葉?!
それは変わってるなぁ~w

ちゃんちゃん( ̄▽ ̄)



最後まで読んでいただきありがとうございます。
メールFacebookでコメント・感想いただければ、とっても幸せです。

ホームページはこちら

Facebookページはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINE it!

米田将司
OTHER SNAPS