LOG IN

安物買いの銭失い

by 米田将司

安物買いの銭失い

聞いたことありますよね。

~意味~
~値段が安いものは品質が悪いので、
~買い得と思っても結局は修理や買い替えで高くつくということ。


最近は昔よりも、
「安かろう悪かろう」
が当てはまらないモノも増えてきてはいるように思います。

代表的なのはユニクロ。
値段を考えれば、十分な品質。
高級品しか持たない人でも、何か一つくらいはユニクロ製品を持っているのではないでしょうか。
日常使いの靴下とか部屋着なら十分ですし、その他のモノも私も結構使ってます。

ただやっぱり、コレ!っていうモノは、ある程度の値段を出さないと後悔することが多いですね。

使い勝手が悪かったり、品質が悪かったりするので、長く使えない。

そして何よりも愛着が湧かない。
ときめかない。ある程度の値段のものは、使っていて良い気分になれる。

仮にバッグだとしたら、
出掛ける時に好きなブランドのバッグを持っているだけで、
良い気分でいられるし、
仕草や、立ち振る舞いも変わってきたりするものです。

女性なら、それだけでいつもよりずっとキレイに見える。
男性なら、いつもよりカッコよく、頼りがいのある、デキル男に見える。

それが安物のバッグだったり、コピー商品だったりするだけで、
本人の意識が違ってくるので、雰囲気も安く見えたりするものなんですよね。

身体のケア、メンテナンスにおいても

当てはまるように思います。

最近よく見かける「マッサージ60分¥2980」の看板。
めちゃくちゃ安いですよね!
どこに儲けがあるのか、給料出せるのか心配なほど。

それがダメだとは思いません。
大好きだという人もいるでしょう。
スッキリして気持ちよかったという人もいるでしょう。
ただ私は行きたくないですけど。

その辺と比べられてしまうのか、
私の設定してる値段が高いと言われるかたもいます。
ちなみにメニューと価格表です。

高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれでしょう。
私はこれでも安いと思ってます。
それだけの自信があるから。
それ以上のモノを提供している自信があります。
今後、これより下げることはありません。
というより、時期を見て上げます。



お客様にこう言っていただけます。
「もっと早く来ておけばよかった」と。
それまでにあちこち行かれてきているかたがほとんどです。
それが結局、遠回りになり、時間とお金の無駄遣いになっていたと気づかれるようです。


高いもの(私は高いとは思いませんが)には、
高いなりの理由があります。
バッグなら、良い革を使い、縫製や作り方にもこだわり、時間をかけています。
そうしている中でブランド力が上がり、ブランド名がプラスα価格に反映されていきます。

私も、かなりの時間とお金をかけて技術や知識を得てきました。
今でもアップデートに時間とお金をかけています。

高いものがいい、安いものは悪い。
と言っているんじゃありません。

値段なりの理由があるということです。

そこを見極めることも、買い手側には必要だと思います。


正直言うと、高いと感じるかたは来てもらわなくて結構なんです。
きっと価値がわからないから。
良いモノの価値がわからない。

幸い、今のお客様は皆さん価値のわかるかたばかりです。
私はとっても恵まれています(^^)




最後まで読んでいただきありがとうございます。
メールFacebookでコメント・感想いただければ、とっても幸せです。

サービス内容・メニューはこちら

Facebookページはこちら

私、米田将司はこんな人です。



米田将司
OTHER SNAPS