LOG IN

ジョギングは健康?

by 米田将司

私、米田将司はこんな人です。


ジョギングの神様

ジョギングの神様と呼ばれた男がいました。
彼の名は、ジム・フィックス。「奇跡のランニング」という本を出版しています。

ジム・フィックス氏
ジム・フィックス氏

かなり太っていた彼は、減量のためにジョギングを始めたそうです。

その結果、見事減量に成功し、「減量と健康増進を勝ち取った」と、
世界規模のジョギング健康法ブームの生みの親となったそうです。


ジム・フィックスの死因

減量成功後も、ずっとジョギングを続けていたのですが、
ある日のジョギング中に心筋梗塞を起こして突然死しました。
52歳でした。

なんじゃそりゃ?と、思う人もいるかもしれませんが、
私はある意味、この人は幸せな人だと思いました。

走ることで、目的であった減量に成功したんだからジョギングが嫌いなわけはないでしょう。
その好きなことをしている時に亡くなったんだから、それ以上の幸せな死に方はないんじゃないかと感じました。


ジョギング・走ることは健康なのか

彼の死因の心筋梗塞が、走ったことによって起きたのかは分かりません。

ただ、私がオススメするのは歩くこと。
普通に会話ができるくらいの速さで歩くことです。
息切れせず会話ができるスピードは、ちょっと速足くらいだと思います。
距離や時間も、あまり細かく考えず、
公園◯◯周とか、友達と楽しくお喋りしながら歩ける距離にすると、
全く苦痛に感じずに続けられると思います。

無理に「歩け!」とも言いません。
ただ、ダイエットしたいと思いながらも、
「こんなトレーニングやこんなサプリやらいっぱいあってどれがいいのかわからない~」
と言う暇があるなら歩いてみたらどうですか?という感じです。

普段車で通る道も、歩いてみたら景色も違って見え、いろんな発見があって楽しいものですし、気分もリフレッシュできますよ。

走ることが悪いとは思いません。
走りたい人は走ればいいと思います。
ただ、同じ走るなら楽しく走るほうがいいですよね。
走ることが苦痛に感じるならやめといたほうがいい。

こんな時は走るしかない
こんな時は走るしかない

歩くことも辛いほど身体が悲鳴をあげているなら、
私に任せてください。

元気になって、一緒に歩きましょう(^^)



最後まで読んでいただきありがとうございます。

よろしければ、メールFacebookでコメント・感想いただければ、とっても幸せです。

サービス内容・メニューはこちら

Facebookページはこちら



米田将司
OTHER SNAPS