LOG IN

頑張らないと上手くいく

by 米田将司
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINE it!

あなた頑張ってますね!

こう言われて、気を悪くする人はいないでしょう。


昔から、

頑張って勉強しなさい。
運動会頑張って。
受験勉強頑張れ。
頑張って働いて稼ぎなさい。


きっと誰でも言われてきた、言ってきた経験あると思います。



もうあなた十分頑張ってますよ

あなたはもう十分頑張ってるんです。
ずっと頑張ってきたんですよ。
だから頑張るのをやめましょう。

私がお客さんにこう言うと、

こんな答えが返ってきます。

確かにそうですよね。
私もそう思ってました。


メリハリをつける

仕事や勉強、スポーツや好きなこと、楽しいことは頑張ってもいいことだと思います。

何においても「頑張ること」が当たり前で生きてきたので、それを簡単にやめることはできません。

なので、「頑張ること」と「頑張らないこと」を分けてみることをオススメします。

メリハリって大切です。


生きてるだけで頑張ってる

人間、生きてるだけで頑張ってるんです。
分かりますか?

呼吸して、心臓動かして、血液巡らせて。

これ無意識です。
無意識だけど、体は頑張ってるんです。
生きるために頑張ってるんです。


ちゃんと寝てるのに疲れがとれない。
そんな経験ないでしょうか?

それにはいろいろな要因があると思いますので、これが原因!とは言えませんが、こんなことも一つの要因だと考えます。

頑張って寝ている

寝てる間も頑張ってるんです。
きっと本人は気付いてないと思います。
寝てる間も、肩に力が入り、歯を食いしばり、とっても頑張って寝ている。

それは、普段からず~っと頑張ってるからそうなっちゃうんですよね。


力を抜けない

施術中・指導中に力を抜けない人、けっこういらっしゃいます。

「だら~んと力をぬいてくださいね。」と言っても力が入ったまま。
本人は抜いてるつもりなんですが、抜けてないんです。
抜くことができないんですね。

なので、寝ている間も無意識で力を入れて寝ている→寝てるのに疲れがとれない、となるんです。


健康・美容・ダイエットのコツは頑張らないこと

特にダイエットにおいては、頑張ってなんぼ!というイメージですよね。

なのに何故頑張らないことがコツなのか?

これはまた次回にお伝えしたいと思います(^^)




ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

よろしければ、メールFacebookでコメント・感想いただければ、とっても幸せです。

サービス内容・メニューはこちら

Facebookページはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINE it!



米田将司
OTHER SNAPS