LOG IN

私のこと~その5~

by 米田将司
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINE it!

「私のこと」

「私のこと~その2~」

「私のこと~その3~」

「私のこと~その4~」

に続いて、「私のこと~その5~」です。



書き始めは5回にもなるとは思っていませんでしたが、

自分のことを正直に出してみようと決意し、

いざ書き始めたら文字数も増え、まとめるのに縮小しているほどです

完結編です。






結婚しすぐに子供が産まれ、30歳で格闘技を辞めた私は、

好きだったトレーニングをすることもなく、

普通に働き、家族との毎日を過ごしていました。




34歳になる頃、アパートから現在の家への引越しを機に、

すぐ近くにある市営の体育館でのトレーニングを再開しました。



特に理由はなく、近くだから行こうという感じでした。



ただやはり、やりだすと適当にはできなくて、

でも約4年のブランクは大きく、

数日間は全身激痛でえらい目にあったことを覚えています

筋肉の衰えを痛感しました。。



そしてちょうどその頃、たまたま見た雑誌に「ベストボディジャパン」という名前を目にしたのでした。



「なんじゃこれは!めっちゃカッコええやん!」


当時の私は、ボディビルの存在は知っていましたが、

ビルパンとポージングに抵抗があり、(ビルダーの方すみません今はボディビル競技の奥深さを理解し、とてもリスペクトしています)

あそこまでは…と思っていたので、

これに出る!と、すぐに出場を決意しました。



格闘技をやっていた時は、

「試合に出て勝つ」

という目標があったのですが、

トレーニングを再開したものの、

何の目標もなくトレーニングすることが退屈だったのです。



目標ができた私は、本格的なトレーニングをしようとジム探し。

「近くて設備もよさそうだし安いし、なんたらボディビル連盟やらに加盟してるらしいし、ここにしよう」

と、現在の所属ジム「マックスジム」に入会したのでした。



「こんな大会を目指している」ということを話し、トレーニングを始めたのですが、

とにかく私は褒められて伸びるタイプなので、

見学に行った時から、「いい身体してますねぇ」

と褒めてくれるオーナーの木下さんの言葉に調子に乗り、

自分でもわかる程に成長していきました(笑)



そして2014年神戸大会。

根拠のない自信があり、「まあ確実に入賞するだろう」

と高をくくっていたものの、結果はファイナリスト止まり。



情けないわ恥ずかしいわ。。



さすがにこれはレベル高そうだし勝てないだろうと、

興味本位でエントリーしていた2週間後に開催の、

日本初のフィジーク大会に掛けることになりました。


そこで、5位という成績を収めることができたのです。

雑誌で見たことのある有名な人達の中での5位は、とても大きな自信になりました。


そこから、全日本大会での入賞等、結果を出せてはいたのですが、

度々ギックリ腰になったり、肩を痛めたりで、

思うようにトレーニングできないことがありました。



医者に行っても、「腹筋と背筋のバランスが悪い」

という絶対言っちゃいけない、文字にするのも恥ずかしい死語しか言われないことは分かっていたので、

なにかいい方法はないかと探している時に見つけたのが、

「さとう式リンパケア」でした。



まずはやってみないことには分からないと思い、

早速セミナーに行き、その場で身体が変わっていくことに衝撃を受け、

インストラクターとして活動することを決めたのでした。

佐藤せいじ先生と





妻が20数年インストラクター業をしていたこともあり、

そのお客さんから教えてほしいと依頼を受けたりもしていたので、

それなら、と現在の本業へと移行していったのでした。






もっと激しい山あり谷ありな展開を期待されていた方には申し訳ないですが、

以上が私の歩んできた人生でした。




これからも色々なことがあると思いますが、

何事においてもとにかく思い切り楽しくやっていきたいと思っています。

なるようになるわー!と、笑ってればなんとかなるものです。



ありがとうございました!

そしてこれからも、

よろしくお願いします!

あかんやつ



~番外編へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINE it!



米田将司
OTHER SNAPS