LOG IN

化粧水のつけ方

by 米田将司

乾燥するこの季節。

女性にとっては化粧水での保湿は欠かせませんね。

化粧前や風呂上がり等に化粧水をつけていると思いますが、どうやってつけてますか?

深く浸透させるために、押し込むようにしたり、パッティングしたり?

それ、どちらも肌に良くないかもしれません。


私もこの時期は乾燥が気になるので、風呂上りだけは化粧水をつけています。

そこで、私がやっているつけ方を紹介します。

まず、顔全体に優しく伸ばしたあと、もう一度適量を手に取ります。

その後はこの手順です。

①から⑤まで順番に、手でなぞるだけです。

注意事項として

以上です。

とにかく優しくすることが絶対です。

手を肌に当てて、肌が押されて少しでも動く(くぼむ)のは力が強すぎます。

こんなに軽くていいの?ってくらいに軽くです。
豆腐に触れるくらいと思ってください。

押し込もうとか浸透させようと思わないことです。
そうすると力が入ってしまいます。


基本的に①~④は4回 ⑤は8回

矢印の方向へ

上から下に撫で下ろします

え?撫で下ろすの?逆ちゃうの?

と思うでしょうがいいんです。大丈夫です。あってますから。


①はこめかみより少し上からエラまで4回
②は頬骨からエラまで4回
③は口角からエラまで4回
④は顎先からエラまで4回
⑤はエラから首全体を鎖骨まで8回

優しく優しく撫で下ろす

優しく優しく撫で下ろす

優しく優しく撫で下ろす

大事なので3回書きました(笑)



綺麗になれる人と、そうでない人の違いは

やるかやらないか

続けるか続けないか

どちらを選ぶのも自由です。

ちなみに私もうすぐ40歳になりますが、会うほとんどのかたに、肌が綺麗と言われます。

まずは1週間から始めてみてはいかがですか?




最後まで読んでいただきありがとうございます。
メールFacebookでコメント・感想いただければ、とっても幸せです。

HPはこちら

Facebookページはこちら

私、米田将司はこんな人です



米田将司
OTHER SNAPS