LOG IN

痛い痛い痛いのよ

by 米田将司

痛み止め注射

~肩こりや腰痛で辛抱できないほど辛く、
注射をしてもらったことがある~


こんなことをお客様からよく聞きます。

ブロック注射とかいろいろあるようですね。

私も経験ありますが、
ぎっくり腰とか、どうしようもなく痛くて辛くて動けませんよね。

そんな時は藁にも縋る思いなのは、よーくわかります。
あれはキツいです。


で、病院に行くとほぼほぼ決まって、痛み止めの注射。

行く本人もそのつもりで行ってます。

ブスリと打ってもらい、段々楽になる。


痛み止めの注射

名前の通り、痛み止めます。

辛かった痛みを止めると楽になります。

注射には炎症を抑えるものも入っているので、
段々と炎症も緩和されるわけです。



でも、痛みって止めてもいいんでしょうか?


風邪をひいて、体温が高くなる。
これは体を守るための防衛本能ですよね。


では痛みは?


これもまた、体のサインなんです。

人間、痛みがないと体の異変に気づかないから、
痛みでもって教えてくれているんです。

極端な話、後ろから銃で撃たれたり、ナイフで切られたりして、
それに気づかないと、出血多量で死んじゃいますよね。

それならまだ外部から見えるだけいいですが、
体の内部になると、痛みがないと気づくことができない。

それってヤバくないですか?


根本的な解決

注射して一時的に良くなっても、
それは気のせいです。

根本的な解決にはなってません。

そうなったのは何らかの原因があるのに、
それを考え、対処せず、
一時的にそこの痛みだけとってもなんの解決にもなってません。

必ずまた繰り返しますよ。

スポーツ等の大切な試合が控えていて注射する。
これは仕方ないと思います。
その後にちゃんとケアすればいいと思います。


そうでもないのに、
痛い→注射
これでは絶対良くはなりません。
永遠にそこをループするだけです。


痛みが出るからには、何らかの原因があるはずです。


痛みの箇所以外に原因があることも多々あります。

一番大切なのはやはり、普段からのケアだと思います。

それが病院でいうところのリハビリでしょう。
牽引したり、電気治療したり。

それでよくなった人あまり知りませんが…



私はお客様に、自分でできるケアをいくつか宿題のように出して、してもらっています。

ちなみに私はこのケアを始めてから一度もぎっくり腰になっていません。



信じるか信じないかはあなた次第です



最後まで読んでいただきありがとうございます。
メールFacebookでコメント・感想いただければ、とっても幸せです。

HPはこちら

Facebookページはこちら

私、米田将司はこんな人です。



米田将司
OTHER SNAPS